読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルクの真っ白な家が建つまでの妄想→現実までの過程ブログ

真っ白なカルクウォールの漆喰の家を建てる2017年春の着工に向けてイメージを現実化するブログです

お風呂設備の常識って??

先日パナソニックのリビングショウルームに行ってきました。

 

お風呂を見てきたのですが、シャワー水栓がちゃちい。

プラスチックを全面に押し出した斬新なデザイン。

 

に思えてしまう。

というのも、見学の日から考えていたんですけど、シャワー水栓がメタリックなのが当たり前だと思っていたんです。

メッキ処理してあって、いつもキラキラしているものが当たり前だと。

 

自分の中の常識がパナソニックのお風呂の常識ではない。

自分の中の常識に合わせようと思うとお金がかかる。

 

特にお風呂にこだわりの設備なんて必要ないと思ってます。

サウナミストも浴室乾燥も床暖房も。

 

けど、水栓のメタリックなのはこだわりでは無く当たり前やと思ってた。

メーカーとの常識のズレです。

とりあえずスタンダードなプラスチックで見積もりをお願いしてきたものの、後から考えると・・・

安っぽいなぁ。

なんかだかなぁ

 

あ!

銀色のは追加で5万円以上支払うから安っぽくないのか。

そうかそうか。

高価やもんな。

 

プラスチック製のは安いから安っぽいんやな。

じゃあじゃーないか。

 

他のメーカーのお風呂はどうなってんのかな?

チラッと見に行ってみようかな・・・

参考までに。