読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルクの真っ白な家が建つまでの妄想→現実までの過程ブログ

真っ白なカルクウォールの漆喰の家を建てる2017年春の着工に向けてイメージを現実化するブログです

玄関周りのタイルはどうする?

お家の事、あれこれ妄想する毎日。

暇があれば、いや、暇がなくても頭の中はお家の事が常にぐるぐる回っています。

今、頭の中を廻るのは玄関周りの床。

たたきというのでしょうか?

これが先日建築屋さんに出してもらった見積もりによると、今のところコンクリートの洗い出しという仕様になっているようです。

これは、コンクリートの中に砂利サイズの石を入れて打ち、その後表面のコンクリートを水で洗い流し石を露出させ滑らず美しい仕上がりにすること。

入れる石の大きさや色で表情はいろいろ作れます。

昔のお家でよく見かけたそんな気がします。

建築屋さんにもいろいろな意向があるんでしょう。

 

こないだからモザイクタイルにハマってしまった僕たちは、玄関にもタイルができないかと目論んでいます。

もちろん予算の事があるので大それたことはできませんが・・・

そんな折、ネットで検索していたら下の写真のようなのを見つけました。

f:id:my-home-sweet-home:20160914175558p:image

 

これ!

感じ良くないですか!?

大きいサイズのテラコッタ調てなタイルはあまり好きではなく、

好きではないけど、嫌いでもなく、見飽きたというか、ありきたりというか。

けど、この写真のタイルなら小ぶりで色も柔らかくて、さらにモザイクタイルしてるし。

なかなかええんとちゃいますか?

 

これをどんどん調べていくと、下の写真のようなのが元になっているようです。

フランスだかイタリアだかの石畳。

ローマを中心にあるこの石畳をサンピエトリーニと呼ぶらしいです。

ローマやからイタリアか。

下の写真はイタリアのかフランスのか、それは知りません。

 

f:id:my-home-sweet-home:20160914175603p:image

 

 こういうのが元になってるから良い雰囲気なんですね。

こういうの見てしまうと、タイルじゃなくて本物の石を敷き詰めたいなとか、ふと考えてしまうけど、めちゃお金が必要なんやろうな・・・と、どうしてもお金さんが現実世界にググイと引き戻してきます。

 

けど、石畳。

雰囲気いいですね。

コンクリートより、石。

 

これ贅沢かな。

 

こういう四角い石。

日本ではピンコロと呼ぶようです。

 

 

 

 

 

 

た・・・高い!!